浮気が起こってしまったら

浮気の形跡がSNSを介して見つかることもあるでしょう。

SNSは名前を伏せて利用している事もあるのでパートナーも注意が足りずに、プライベートを事細かに書いてしまう事が多発しているように思われます。

中には、浮気をカミングアウトする様な証拠をインターネットに公表している場合もあるのです。

ユーザーIDを見つけたなら調査してみて下さい。

パートナーが浮気していると分かっても今後も、パートナーでありつづけたいのなら昔でいう「逢瀬」の場に、勢い込んで行くのはやめるべきです。

浮気していることを指摘された結果、相手が逆ギレしてしまって、夫婦関係が修復不可能になる可能性を否定できません。

それだけでなく、あなたのパートナーと通じていた相手と言葉を交わしてしまうと精神的に追い詰められてしまうかも知れません。

成功報酬と言って誤解されがちなのは、たとえば、浮気調査を依頼したケースでは、その際の調査期間が3日間だったとすると3日間で浮気が発覚しなければその調査に関しては成功と言う事になります。

実際には浮気していたとしても、調査中に浮気が見つけられなかったら、浮気の証拠がつかめないまま、調査期間を終えてしまい、成功報酬として料金を支払うのです。

探偵事務所調査を依頼し、なにが出来るかと云うと浮気の証拠をつかむ事です。

浮気を疑われる様子を相手が見せた場合、証拠を自ら集めようとするでしょう。

しかしながら浮気の証拠を自力で集めようと思っても、自分の行動が相手に見つかってしまう可能性はあるでしょう。

その原因ははっきりしており、あなたの顔を覚えているからです。

浮気という証拠はカーナビでもつかめるでしょう。

カーナビにある履歴を確認し、相手とドライブデートで浮気したところを見つけられることがあります。

見たことのないとこをの履歴を発見した場合注意しなければいけません。

そして、しばしば給油されていた場合、車で会っている可能性はゼロではありません。

探偵の尾行代がいくら位かと言うと、調査員が何人かによってもちがいますが、だいたい1時間あたり1万~3万円ほどです。

当たり前の事ですが、調査員の数が少なければ安く、多いほど高くなります。

また、尾行の時に車やバイクで移動すると、交通費や車両費として別途請求されることがありますので確認したほうがいいでしょう。

自分の配偶者を調査してもらったところ浮気が発覚したならば、別れるべ聴か否か選択に困りますよね。

ひとまず冷静になって、先に探偵事務所に依頼の電話をかけてしまわずに、自分の損得を考えるのが先決です。

夫婦はお互いに貞操義務が生じると法律に明記されていますから、慰謝料を支払うよう配偶者とその不倫相手に求め、結婚生活にピリオドを打ち、離婚するのもいいでしょう。

興信所と探偵事務所のちがうところですが、あまり無いのではないかと言ってもいいでしょう。

興信所も探偵事務所も、浮気調査から身辺調査、ストーカー対策や行方不明者の捜索みたいな同じようなしごと内容です。

とはいっても、あえて言うと、傾向としては興信所は企業や団体から多く依頼され、個人からの依頼の多くは探偵事務所に行っています。

浮気調査に必要な期間は、多くの場合は3~4日間です。

とはいっても、これはあくまで一般的なケースです。

調査の対象者がとても用心深かったりすると、1週間以上、時には1ヶ月ぐらいかかってしまう場合もあると思っていて下さい。

逆に、浮気する可能性の高い日が特定済みの場合は、1日で十分な証拠が集まることもあるでしょう。

もし、貴方が不倫などに向き合うことになり、慰謝料を請求する側になったとすれば、相手のことは、ちゃんと知っておかないといけないわけですし、不倫関係が継続している事を、形として確保しなくてはなりません。

貴方が、探偵に助けを求めるのならば、疑いようもなく誰にも認められる証拠を貴方に届けてくれますし、裁判において、貴方の望む報いを与えるに充分な物を用意してくれるでしょう。

何人の調査員が必要なのかというと、多くの場合、調査は2人くらいで行うといわれているのです。

まず調査員が1人で浮気であるかどうかを浮気をしていることがはっきりとしたら、再度計画をたてて調査員を増やすのか、減らすのか、どのように調査するのかを具体的に決めます。

配偶者が不倫をした場合、あなたはその配偶者と不倫相手に慰謝料を請求することが出来ます。

ただ注意が必要なのは、不倫をする前から、ともに住んでいる意味が無いくらいに、客観的に見て夫婦とは思えない状態だったときは、慰謝料を貰うことはできません。

慰謝料の額は、いかに精神的に苦しかったか、歳や婚姻年数など各種の事を考えて裁判所が慰謝料を決めます。

費用を節約して浮気調査をするには、事前にある程度自分で調査してから調査会社へ依頼することです。

難しい調査ではありません。

何をすればいいかというと、パートナーの毎日の行動を記録するだけでいい為す。

毎日、出勤していった時間や、帰宅した時間、電話が掛ってきたなら、その時間とどのくらい話していたかも記録しておくといいでしょう。

相手が言い逃れできないような証拠を、探偵の浮気調査によって得ることができたとしても離婚の必要性については考えるべきでしょう。

その中でもお子さんがいらっしゃるご夫婦の場合、旦那、妻の浮気が発覚したからといって簡単に「離婚!」とはいかないものです。

相手に請求することのできる養育費は案外少額になりますし、理由をつけて支払われないことも多いですから、一人で育てていくのは容易ではありません。

それは男性の場合であっても同様でしごとと両立しながらうまくやっていくのは難しいでしょう。

不倫の慰謝料の相場としては200万円前後ですが、ケースによっては50万円程度ということもあるでしょうし、ケースによっては400万円くらいのこともあるでしょう。

離婚をしない場合でも慰謝料を請求できますが、額は少なくなります。

また、不倫相手の方が配偶者との肉体関係を認めないときには証拠が必要とされます。

第三者からみても明確な浮気の証拠がなくてはいけません。

同一電話番号から電話を頻回にまた、掛けている電話番号があるとしたらそれは浮気相手と連絡を取り合っているという可能性が濃厚であると考えられます。

その後、その電話番号の持ち主を調べればいいのですね。

そうは言いましても、パートナーがやり手となりますと、電話で浮気相手と連絡を取りあった後にはきちんとその痕跡を抹消するということもしばしばあることです。

GPS端末は、車の使用者の気づかないような場所に装着して、行動の様子をリアルタイムで監視し、移動中の所在を確認したり、後で蓄積しておいたデータを呼び出して行動の様子を分析したりします。

車より、徒歩、自転車、公共交通機関などを使う事の多い人なら、身の回り品にGPS端末を忍ばせる、という方法(選択を誤ると、取り返しのつかないことになることもあるかもしれません)もあります。

そうすれば、相手がどこに行ったのかや滞在した時間も割り出すことができるでしょう。

本人が知らないうちに、浮気しているという客観的な証拠を掴むためには、しっかりした機材と技術が必要になります。

浮気の現場をしっかり撮ったつもりでも、露出が不足して顔の見分けが付かなければ証拠としてあつかわれません。

浮気の調査を探偵に任せると、薄型のカメラなども用いて全く気づかれずに十分証拠となる写真を撮ることができます。

よく着る服装が変化してきたら、危ない予兆です。

浮気の相手が好きな格好をしようとしていたり、ちょっとだとしてもセンスの良いところを見せようとしたりしている可能性も高いです。

ある日から、服装が年相応でない色や柄のものを選んで着るようになりだしたら、おもったより浮気のおそれがあります。

とりわけセクシーな下着を着るようになってきた時は浮気をしているかも知れません。

日頃、相手の生活している様子を気をつけてみておくことは自分ひとりでできないことではありませんが、浮気を決定づけるような動かぬ証拠を押さえるためには、その道のプロとして技術をもつ探偵に頼んだ方が失敗がありません。

それに、探偵にお願いすれば、単に、浮気の証拠を入手するだけではなく、豊富な経験に裏付けされたアドバイスを貰える、という付加価値(経済用語では、それぞれの企業が製品やサービスに付け加えた価値を指します)もあるのです。

仙台で信頼できる興信所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です